設備紹介

受付

来院したら、まず受付を済ませてください。
待合室で簡単な問診を行います。



待合室

待合室には診察待ちの時間を有効に活用して頂くためにいろいろな工夫をしています。
病気に関する情報やしつけのビデオ、雑誌をご覧になってお待ち下さい。



診察室

診察室ではさらに詳しい問診と身体検査、消毒や注射などの治療を行います。
病気についてしっかり説明し、飼い主さんと一緒に治療方針を決めていく場所でもあるので、気になることやご質問がありましたら、どんどんお伝え下さい。



血球検査

血液検査でCBCといわれる血液の細胞の検査を行う検査です。
血液の細胞である赤血球,白血球,血小板を自動的に測定できます。



血液化学検査

血液検査で肝臓,腎臓,膵臓のマーカーや,血糖値,コレステロール、血液中のイオン濃度などを自動的に測定できます。
この他血液ガスを測定する機械もあり、病気の時にその日の内に結果が出るために,迅速に正確な診断ができ,治療方針も立てることができます。



CRP測定(左)、血液ガス濃度測定(右)

左:CRP測定をすることで、急性炎症の発見に役立ちます。

右:血液ガス濃度測定器では、ナトリウム、カリウムの測定に加え、体の酸塩基平衡を知るためのBE(ベースエクセス)を測ることができます。



顕微鏡検査

血液細胞、尿中の細胞や結晶(膀胱結石の原因)、糞便検査、ガンなどの細胞診を行う事ができます。
いろいろな病気の診断に役立ちます。



レントゲン検査

胸部レントゲン検査は肺や心臓病の診断に,腹部レントゲン検査は腸や膀胱,肝臓,脾臓などの病気の診断に役立ちます。
胃や腸のバリウム検査,腎臓,膀胱などの造影検査も行う事ができます。



超音波検査

超音波検査は,体に負担をかけずに胸部,腹部,しこりなどの中を検査する事ができます。
そのために,妊娠中も検査ができ,おなかの中の赤ちゃんの体の動きや心臓の拍動を見ることができます。このねこちゃんは,膀胱の検査をしています.砂のような細かい膀胱結石でも見つけることができます.

また、ドプラを利用した超音波検査では血液の流れの評価ができ心臓の動き血液の逆流,血液の流速などが解り,心臓病の診断や治療経過の評価に役立ちます。このワンちゃんは心臓の健康診断の検査をしています。





心電図

心電図検査は,いつもやすもなく働いている心臓の不整脈などの心臓病の診断に役立ちます。
痛みもなく体に負担を与えない検査なのでリラックスして受ける事ができます.このワンちゃんは,健康診断の検査をしています。



手術

木・日曜以外に午後1時半から4時は手術の時間です。
全身麻酔を行うときは安全性の高いイソフルランというガス麻酔を使い、患者の不安を軽減するために麻酔がかかるまで飼い主さんに同伴して頂いています。



酸素室

人の新生児にも使う特別入院室で,低体温の重症の動物たちの加温や肺や心臓の病気で呼吸困難になっている動物たちに高濃度の酸素を供給し呼吸を楽にしてあげられます。