耳が、かゆ~い時は?

わんちゃんやねこちゃんの耳の病気で一番おこりやすいのは、外耳炎です。

外耳とは、耳介(いわゆる耳たぶの部分)と外耳道から成り、鼓膜に音を集めて伝える働きをしています。わんちゃんやねこちゃんの外耳道は、耳介からまっすぐ下に降りている垂直耳道とそこから目の横の鼓膜へ向かっている水平耳道があります。

外耳炎は、耳あかで細菌や酵母が増えてしまうこと、異物(虫や種など)が入ってしまうこと、耳疥癬(耳ダニ)の感染、外耳道にできてしまった腫瘍、耳そうじの時に傷つけてしまったり汚れを奥へ押し込んでしまうことなどが原因でおきてしまいます。

外耳炎はわんちゃんで多く、発生する季節は決まっていませんが、夏に悪化する傾向にあります。また、おきやすい犬種としては、コッカースパニエル、ラブラドールレトリバー、ゴールデンレトリバー、シーズー、ミニチュアシュナウツアー、ビーグル、バセットハウンドなどがいます。これらの犬種におきやすい理由は、耳が立っていない、耳道に毛が多い、あぶら体質(脂漏症)であることなどによって、耳道の風通しが良くなく細菌や酵母が増えやすい状態になっているからです。

一般的な症状としては、痒みや痛みにより首や耳を振る、後ろ足で耳の根元や耳介を引っ掻く、首を傾ける、耳を触ると嫌がったり怒ったりする、耳あかが多くなったり悪臭がするなどです。ひどくなると鼓膜を破ってその内側の中耳まで炎症が進んでしまい、中耳炎を併発してしまうこともあります。

予防としては、シャンプーの時にシャンプー液が耳に入らないように注意すること、耳道内に毛の多い犬種では、定期的に毛を抜き取って風通しを良くしてあげることなどがあります。でも、無理をすると傷つけたり汚れを押し込んで余計悪化させてしまうこともあるので注意してください。基本的に健康なわんちゃんには耳あかはありません。耳あかがでるようならすぐに病院にいらして下さい。病院では、鼓膜の状態をチェックした上で、消毒や洗浄を行います。

ねこちゃんでは、耳介が立っていること、外耳道内に毛がなくて風通しが良いことからわんちゃんと比べると外耳炎の発生は少ないです。でももし外耳炎になってしまったとしたら、耳疥癬(耳ダニ)の寄生、酵母(かび)の繁殖、体毛の白い高齢猫に見られる悪性腫瘍(扁平上皮癌)、異物が入ってしまったなどの原因が考えられます。治療法は原因によって違ってきますので、わんちゃんの時と同じように、ねこちゃんの耳の様子がおかしいなと思ったら、早めに病院に連れてきてください

<戻る>