あ!目が白くなっちゃった!

ワンちゃん、ねこちゃんの目が白い事に突然気づくことがありますが、すぐに白内障と考えるのは大まちがい。その時の症状や病気はさまざまです。かゆみや痛みのために目をしょぼしょぼさせたり、こすったりする子もいれば、ゆがんで見えたり、かすんで見えたり、視力が低下して見えなくなることもあります。その病気はさまざまで、目の中のどの部分が病気に侵されているか、どんな原因で病気になったかを見極める必要があります。

目は図のように丸く奥深い器官です。表面は透明な角膜があり、その奥には透明な液体がたまっている前眼房と言う部屋があります。前眼房の奥には虹彩という絞りの部分とレンズ(水晶体)があり、さらに奥に透明なゲルを含んだ硝子体と言う部屋があります。これら全体が球形の形をして数層の膜に包まれています。この膜は内側から網膜→脈絡膜→強膜と呼ばれています。目は、このように表面の角膜から層状になって、眼球と呼ばれるように、球形をしています。この眼球は目を閉じると結膜と眼瞼(まぶた)に覆われ、また動物たちには、目頭に人間にはない瞬膜と呼ばれる膜があります。

おおむら動物病院 健康相談 イラスト

さて、目が白くなる病気に戻ります。白くなっている場所を見つけるためにもう一度目を見てあげましょう。しかし痛がっているかもしれませんのでやさしく見てあげてください。

まず瞬膜が目の内側から出ていないか見てください。全身的な病気や麻酔から覚めかけの時などは両目の瞬膜が、結膜炎や角膜炎など目に痛みを伴う病気の時には病気の側の瞬膜が眼球を覆うため、目が白く見えます。

次に眼球の手前の方(虹彩より手前の角膜、前眼房)か、眼球の奥の方(水晶体、硝子体など)かを見てみましょう。手前の角膜や前眼房が白くなると、白濁により虹彩や瞳孔に重なり見えづらくなります。これに対し、眼球の奥が白くなると瞳孔の部分だけが白くなります。特に正面から光を当てたときによく分かります。

角膜が白くなる病気は、角膜の炎症や浮腫(むくみ)によるものです。この障害が角膜の表面側か裏側かを確認し、表面であれば傷の深さがどれくらいかを評価するため検眼鏡による検査、フローレステストを行います。角膜の表面の傷は角膜潰瘍と呼ばれ、外傷やドライアイ(乾燥性角膜炎)、逆さまつげ、結膜炎などの刺激によってこすってしまう事などが原因になります。角膜の表面は問題なく中が浮腫を起こしている場合は、角膜の奥にある前眼房の病気が原因になります。

前眼房の病気では、角膜の浮腫や前眼房内の炎症や前眼房内の液体の流れが悪くなり眼圧があがる(緑内障)などが原因として考えられます。これらの病気では注射や飲み薬、点眼処置が必要になりますが、急変もありますので毎日の診察が必要になります。また、緑内障などでは特殊処置が必要なことも多いです。前眼房に炎症が起きることをブドウ膜炎と言い、猫のFIP(伝染性腹膜炎)、ワクチン後の反応や子宮蓄膿症などの強い感染症に対する異常な免疫反応が起きたときに見られます。また、前眼房出血のあとフィブリンが残って白く見えることもあります。

さらに奥の水晶体(レンズ)が白くなる原因は、白内障と核硬化症があります。白内障は、糖尿病や遺伝的なもの、加齢に伴うものがあります。点眼薬や注射で治療することもありますが、根本的には手術が必要になります。核硬化症は年齢による正常な変化で治療しません。しかし、これらを鑑別するには診察が必要です。

このように目が白くなる病気もさまざまで、治療も異なります。そのためおかしいと思ったらすぐに来院してください。

<戻る>