健康チェック

人が健康を維持するには、日ごろから“健康”と言うことに関心を持ち、自分の体調に注意を払うことが必要です。動物でも同じようなことが言えますが、飼主さんの助けが必要です。動物たちをよく見てあげている家では病気も少ないし、もし病気になったとしても早く見つけることができます。下の項目をもとに健康チェックをしてあげてください。以前と違っていることがあったら要注意です。

*気になるところをチェックしてください

  チェ
ック
  チェ
ック
-元気のないことがありますか -手足や全身に痛みはありませんか
-疲れやすい様子はありませんか -関節や筋肉がはれていませんか
-食欲に変化はありませんか -姿勢に変化はありませんか
-水を飲む量に変化はありますか -歩き方がおかしくありませんか
-太ったりやせたりしていませんか -運動時や夜に咳をしませんか
-落ち着かない様子はありませんか -チアノーゼや気絶はありませんか
-皮膚や毛づやに変化はありますか -腹部のはれや足のむくみは?
-かゆみや脱毛はありますか -食べ方や噛み方に変化は?
-皮膚に傷やしこりはありませんか -吐き気や下痢はありませんか
-視力や視野に変化はありませんか -便の回数や量に変化は?
-目が赤くなったりしていませんか -便に血や粘液や虫がありませんか
-目やにが出たりしていませんか -尿の回数や量や色に変化は?
-聴力に変化はありませんか -尿をするとき痛みはありませんか
-耳が臭いことはありませんか -尿に血やおりものが混ざっていませんか
-頭を振ったり傾けたりしませんか -おっぱいにはれや痛みは?
-クシャミや鼻水はありませんか -意識を失ったりしませんか
-声の変化やいびきはありませんか -ふるえや痙攣はありませんか
-呼吸に変化がありませんか -麻痺はありませんか

-その他気になっていることはありませんか?

★このような飼主さんの観察が、動物の健康を守り、動物病院での診察に役立ちます。チェックしてこの紙をお持ち下さい、身体検査をいたします。

<戻る>