たかが毛玉、されど毛玉 - ネコちゃんに多いトラブルです -

ネコちゃんはきれい好きで、よく毛づくろいをしているところを見かけます。この事は、体をきれいに保つと同時に、自分の匂いを体につけ自分をアピールする意味があり、また、リラックスする事もできるようです。反面、過度の毛づくろいは、かゆみを伴う皮膚病や何らかのストレスによって引き起こされた可能性も考えなければいけません。また、毛づくろいをしないため毛並みの悪いネコは、口内炎や全身的な病気によるものかもしれません。

このに様に毛づくろいは、ネコちゃんたちにとって大切なものですが、胃や腸の中に毛玉を作ると言うマイナス面も持っています。「ネコは、自分で毛玉を吐くのでしょう?」なんて楽天的に考えている方もいると思いますが、吐くかどうかは毛玉の大きさと本人の健康状態によります。もし吐く事ができなければ、胃の中に食べ物が入っていない時にも胃酸が分泌されるため、胃炎や食欲不振になります。まれに、大きな毛玉が腸に流れて腸閉塞を起こす事もあり、場合によっては手術が必要になることもあります。そうならないためにも、日頃のケアーが大切です。毎日のブラッシング、必要であれば定期的なシャンプーと毛玉除去のお薬や食事などを与えてください。また、時々便を砕いて便の中の毛の量を注意してみてあげてください。

おおむら動物病院 健康相談 イラスト

<戻る>