かわいい家族が増えるって楽しい!?

1匹いても、その愛らしい容姿や仕草に思わず顔がほころんでしまうワンちゃんやネコちゃんですが、さて複数になると、どうでしょうか? 同じ種類でも、性格がまったく違う場合もあれば、1匹でいた時には決して見る事の出来なかった他のコとの関わり合いを見ることが出来て、“エルちゃんってこんなにお友達と遊ぶことが好きなんだ”“ひょっとして、こういうタイプは苦手?”と新たな魅力と認識を得ることも出来るでしょう。元々いた先住のコが良きお兄さん・お姉さんぶりを発揮して、いろいろとお世話をしてあげることもあります。

とはいえ、やはり数が増えればもちろんかかる手間も増えます。食事代や病気の予防・治療費も増えるし、シャンプーなども同時に複数だとかなり大変です。それ以上に大変なのは、動物たちのお互いの関係や飼い主さんとの関係です。このお互いの関係は、ワンちゃんとネコちゃんでは大きく違うことが解ってきています。

家族という群れの中で順位をつけるワンちゃんは、家族が増えて自分の順位がはっきりしなくなると、不安な気持ちから攻撃的になったり、食欲が無くなったりすることがあります。そのため、飼い主さんがいいリーダーとなりワンちゃんたちが楽しく安心して暮らせるようにし、先住のコ、年上のコ、体の大きなコ、活発で上位に立ちたがるコを家族の中の順位を上位にして、常にその順位を意識して接してあげる必要があります。人と人との関係においては、お兄ちゃんが1番ならその後は弟が1番というように平等にしますが、ワンちゃんたちにその様に接すると順位が乱れ、よけい仲が悪くなってしまいます。反対に順位をはっきりさせるとお兄ちゃんが弟を守ってあげ、弟もお兄ちゃんといると安心し、信頼関係が築けるようになります。きちんとしつけされたワンちゃんのいる家にきた子犬は、トイレを教えるのが楽だったという話は良く聞きます。

自分のなわばりを大切にするネコちゃんは、お互いのなわばりが安定してきちんと棲み分けが出来ないと、新しい家族を決して許さないでしょう。ワンちゃんと違い飼い主さんがお互いのなわばりを決めてあげる必要はありませんが、お互いが安心できる場所とある程度の広さが必要になります。しかしその広さとは、平面ではなく立体なので、狭いお家ではネコちゃん用に棚を作ってあげたり高いところに昇れるようにしてあげるだけでOK。けして外に出すなんて事は考えないでください。なぜなら、外の生活は事故や伝染病、喧嘩など危険がいっぱいあるからです。お互いのなわばりが安定すれば安心して暮らせますし、仲のいいネコちゃんは縄張りの共有部分が広いため、べったり寄り添って寝ることもあるでしょう。

“一匹だけだと寂しそう”とか“遊び相手を作ってあげよう”など、人間の考えだけで仲間を増やすことは決してお勧めできません。このようなかわいい家族を増やす時は、かならず個人(?)主義のネコちゃんは安定したなわばりを、群れ(家族)が何より大切なワンチャンは、きちんとした「順位づけ」を用意してあげましょう。そうしてうまく家族を増やすことが出来たら、悲しいこと・つらいことは半分に、うれしいこと・楽しいことは2倍以上になること間違いなし!です。

おおむら動物病院 健康相談 イラスト

<戻る>