ネコちゃんのコロナウィルスって?

ネコちゃんのウィルス病は色々あり、その中でも恐い病気を起こすものは、猫汎白血球減少症ウィルス(FPV)、猫白血病ウィルス(FeLV)、猫免疫不全ウィルス(=猫エイズウィルス,FIV)、猫コロナウィルス(FCoV)などがあります。この中で、FPVとFeLVは、ワクチンによって予防することができます。また、FeLV、FIV、FCoVは、母猫からもらっていなければ、他の猫ちゃんとの接触を避ける生活(室内飼育)によって、防ぐことができます。しかし、猫コロナウィルス(FCoV)は、感染率も高く、複雑な病気なのでここでお話ししたいと思います。

おおむら動物病院 健康相談 イラスト猫コロナウィルス(FCoV)には、猫腸コロナウィルス猫伝染性腹膜炎ウィルス(FIPウィルス)があり、一般的な検査ではこの2つを区別することはできません。しかし、その症状はおおいに異なり猫腸コロナウィルスは、一般的には軽い腸炎を起こしたり無症状の事が多く、ほとんどの猫ちゃんは数ヶ月で治ってしまう事が多い病原性の弱いウィルスです。これに対しFIPウィルスは、とても恐いウィルスで一度病気になると治すことができず死に至らしめます。この二つのウィルスは不思議な関係にあり、ほとんどの感染は猫腸コロナウィルスの形で体内に入り、このウィルスと戦いそして排除する場合と、このウィルスが猫の体の中でFIPウィルスに変化する場合があります。多くの場合は、猫腸コロナウィルスのままで治ってしまいます。FIPウィルスに変化するのは、猫白血病ウィルスの感染や手術によるストレスなどによる免疫力の低下が関係していると考えられています。

猫伝染性腹膜炎は、異常な免疫反応(免疫とは本来病気から自分を守る反応)によって起きます。病気の始めは、発熱、食欲不振、元気低下、体重減少、嘔吐、下痢、脱水、貧血など特徴のない解りづらい症状を示します。病気が進行するに従い、その症状は2通りに分けられます。その1つは、ウェットタイプと呼ばれ胸膜炎や腹膜炎を起こし、胸(胸腔)やおなか(腹腔)にお水が貯まる(胸水、腹水)病気です。胸水が貯まると早い呼吸になり、呼吸困難のため口をあけて呼吸したり、胸を大きき膨らませるため伏せや横になる姿勢をいやがり、お座りの姿勢で肘を外に開きます。腹水が貯まる場合は、腹膜の炎症が拡大し、消化管や肝臓・胆嚢、膵臓をおかすこともあります。もう1つは、ドライタイプと呼ばれ、肝臓、脾臓、膵臓、腎臓や目、中枢神経、肺などに特殊な炎症が起こる病気で、その症状は侵された臓器によって異なりますが、どの場合も病気は進行していきます。また、このタイプは液体が貯まらないため見過ごされがちなのです。

おおむら動物病院 健康相談 イラストFIPを診断するためコロナウィルスの抗体検査が行われます。しかし、この検査だけでは猫腸コロナウィルスとFIPウィルスとの区別がつかないため、症状や血液または腹水などのタンパク質を調べることによって評価します。抗体価が高くFIPを疑える所見が得られる時には診断は容易ですが、抗体価が高くても、FIPに特徴的な症状が認められない時には、まず腸コロナウィルスを考え、1~2ヶ月して再検査をして評価します。

FIPの予防と治療については色々試みられていますか、現在のところ完全に治す治療はなく、今行われている治療は、生活の質の向上(クオリティイ オブ ライフ)を目的とし、なるべく良い状態で生活が続けられるように努力しています。そのため病気にさせない事が1番です。しかし、現在まだ充分なワクチンがないため、その予防はコロナウィルスの抗体検査を行い、陰性の猫ちゃんは陽性猫ちゃんと一緒にしないで室内だけで生活をさせること、陽性の猫ちゃんは子供を取らないで、再検査で陰性になるまでは隔離し、免疫力が低下しない様に注意する必要があります。この努力をすることによって、コロナウィルスを減らすことができ、FIPにさせないことができると思います。

<戻る>