ワンちゃん、ネコちゃんにもアレルギー

アレルギーというと私たち人間にとっては、春になり暖かくなると心配な花粉症ですが、ワンちゃん、ねこちゃんにもアレルギーはあるのでしょうか?人とは異なりますが、ワンちゃん、ねこちゃんにもアレルギーがあります。ではアレルギーの時に体の中で何が起こっているのでしょうか?人間にも動物たちにも病原体から体を守るために「免疫」という機能があります。この「免疫機能」が狂ってしまうのがアレルギーです。免疫とは、ウィルスや細菌が体の中に入ってきた時にリンパ球(白血球の1種)などが働き抗体を作って、これらの病原体が増えないように熱を出したり、赤くはれたりして炎症を起こし病原体(抗体)と戦ってくれる機能で、これをうまく利用したのが年1回接種するワクチンです。逆に、病原体ではない花粉や家の中のほこり(ハウスダスト)、食べ物などが体の中に入ってきた時にも同じように反応して炎症を起こすのがアレルギーです。

よく見られるアレルギーの症状は、ワンちゃん、ねこちゃんにとってかゆみを伴う皮膚病と下痢や嘔吐が認められる腸炎、咳や呼吸困難を起こす肺炎などがまれにあり、その中でよく見られるのが皮膚病です。これはひどいかゆみが伴ないますが、かゆみがあるからといってアレルギーとはいえません。細菌やカビ、ダニなどの寄生虫による感染症の皮膚炎や問題行動としての皮膚病があるかどうかを調べる必要があります。またアレルギーは、他の病気と重なって解りづらいこともよくあります。たとえば、暑くなるとよくみられる細菌性の皮膚炎(膿皮症)の影に隠れている事もありますので、まず膿皮症の治療をして後からアレルギーもあることが解る事もよくあります。

アレルギーに対する治療は、まず①アレルギーの原因と接触しないようにする事、それが完全にできない場合は②薬で免疫を抑えたり抗ヒスタミン剤でかゆみをコントロールしてあげる方法です。そして③最近試みられているのが減感作療法です。①と③はアレルギーの原因をはっきりさせる必要があります。

アレルギーの原因(抗原)は、どんなものがあるのでしょうか?体に入ってくる物のほとんど、花粉やハウスダスト、家の中のカビ、肉・魚・野菜、木綿やウール、タバコの煙などいろいろあり、原因が複数の事もあります。アレルギーを調べる方法は、血液から抗体を調べる方法とツベルクリン反応のように皮内に注射をして赤い腫れを見る皮内反応テストと症状から探る方法があります。症状から探る方法は、飼い主さんの注意深い観察と努力が必要です(愛があれば簡単)。かゆみに季節性があれば、花粉が関与している可能性があり、部屋によってかゆみが変わるようならハウスダストや接触アレルギー(特に胸やおなかの下の面をかゆがる)を疑います。また「診断的治療」と言って、アレルギーを起こさない食事を1-2ヶ月続けかゆみが治まるか?またもとの食事を与えかゆみが始まるかを見ます。アレルギーを起こさない食事は、2通りあります。1つは、今まで食べた事の無おおむら動物病院 健康相談 イラストい蛋白源(七面鳥、鹿など)で、この珍しい蛋白源に対しての抗体はまだ体の中にないためアレルギーは起こらないはずです。もう1つはアレルギーを起こさないほど蛋白質を分解した食事(z/dR、低分子プロテインR)です。摂取した蛋白質の分子がある程度の大きさ(分子量)はないとアレルギー反応は起きないことがわかっていますので、食事中の蛋白質をあらかじめ細かく分解して作ったフードです。


アレルギーになってしまったら、生活環境整備や食事に注意を払い、定期的なシャンプーが大切です。アレルギーの原因になるもの(抗原)、怪しい物と接しない様にしてください。またアレルギーの治療は終わりがない事も多く、うまくコントロールしてあげることが大切です。飼い主さんの愛情でここち良い生活を!

<戻る>