副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)

食欲の秋になりましたが、食欲だけでなく最近、お宅のワンちゃん達はよくお水を飲んでいませんか?気温や運動、生活環境によって飲水量は変化しますが、一見健康そうに思えるこのような行動も病気のサインである事もあります。そのなかの一つに副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)というものがあり、よく水を飲んでたくさんおしっこをしたり、異常にたくさん食べるようになったりします。

副腎は腎臓の上にある小さな臓器でさまざまなホルモンを分泌している重要な臓器です。この臓器の機能が異常に高まり分泌されるホルモンが過剰になった状態を副腎皮質機能亢進症と呼びます。症状としては、初めのうちは
●多飲・多尿(水をたくさん飲んで、尿をたくさんする事)
●多食(異常に食欲がある事)
があげられます。さらにすすむと
●お腹が膨れて垂れ下がる
●筋肉が弱くなる
●皮膚が薄くなって血管が透けてみえる
●左右対称に脱毛がみられる
●皮膚に色素が沈着する
などの症状が見られることがあります。この病気はプードル、ダックスフンド、ビーグル、ボストンテリア、ボクサーに多く発生すると言われています。一般的に中年から老齢の動物の病気ですが、まれに1歳という若い犬にみられることもあります。犬では割と発生が多い病気ですが、猫では稀な病気です。

この副腎皮質機能亢進症は大きく以下の3つに分けられます。
(1)脳下垂体の異常
――脳の下垂体とよばれるところから副腎皮質を刺激するホルモンが異常に分泌され、そのため、過剰な副腎皮質ホルモンの分泌がおこります。副腎皮質機能亢進症の原因の80~85%がこれにあたります。
(2)副腎皮質の異常
――副腎自体が腫瘍化して副腎皮質ホルモンが過剰に分泌されます。15~20%がこれにあたります。
(3)副腎皮質ホルモン剤の過剰投与
――薬の種類、量、期間によって異なります。

では、診断はどのようにするのかというと、いままで書いてきたような症状や身体検査、健康診断で疑わしければ、血液検査、尿検査、ホルモン検査、お腹のレントゲン検査、超音波検査、そして確定診断するために特殊な検査をします。

副腎皮質機能亢進症と診断されたら治療はどうするのか?原因によって異なりますが、(1)脳下垂体の異常の場合、薬による治療が基本です。手術によって下垂体を切除することもありますが、非常に難しく命の危険性もあるのであまり行なわれていません。(2)副腎皮質の異常の場合には、手術によって腫瘍化した副腎を摘出することが主に行なわれています。

多飲・多尿といった症状があらわれたら、副腎皮質機能亢進症かもしれませんし、また他にもお水をたくさん飲んだり、おしっこをたくさんする症状の見られる病気であるかもしれません、多飲多尿の見られる病気の中には副腎皮質機能亢進症の他に、子宮蓄膿症、糖尿病、腎不全、肝不全、癌や高カルシウム血症など命にかかわるさまざまな病気があります。おかしいなと思ったら病院にいらしてください。

<戻る>